あやまる

久しぶりに会った友人と話していた時のことです。

私は友人の家族のことで間違ったこと(失礼なこと)を言ってしまいました。

言ってしまってから気づいて焦りました。間違えてはいけないという思い(パターン)は、自分の非を認めたくないと、なんとかしてこの場を切り抜けようと必死です。
言わなかったことにするのは、もう言っちゃったから無理。
ごまかそうとして、さも違う話から今の言葉がでてきたようにするけど、これも言いながら無理だとわかる。

そのうちに、あやまるタイミングをどんどんのがしていきました。

このまま何も言わずに過ごして別れることもできるけれど、胸のあたりはなんとも言えない気持ちの悪さでいっぱいです。これは私の望む人間関係でも、私のありかたでもないとはっきりわかります。

それで少し時間はたったけど、「さっきは失礼なことを言ってごめんね。ほんとうにごめんなさい」とあやまりました。友人は「いいよ」と言ってくれました。

あやまったとたんに、静かでおだやかな気持ちに変わっていきました。うん、こうありたいよねという感覚でした。

間違えることを怖がらずに、そして、素直にあやまれる自分でいたいと思いました。























[PR]
Commented by マーガレット at 2015-11-23 20:26 x
洋子さんこんにちわ!ブログ、おめでとうございます!(^^)
今日の自生塾の日記でご紹介させていただきました。
自分自身と正直に向き合っていらっしゃることが伝わってきて
励みになります。がんばってくださいね!私もがんばります。
Commented by yokosize at 2015-11-24 15:06
> マーガレットさん、コメントありがとうございます。
日記にも紹介してくださりありがとうございます。
自分に正直に向き合うのが今の私の課題のひとつなので嬉しいです。
マーガレットさんやグループのみんなと過ごす時間のなかでの学びが大きいです。
グループなんだけど、自分が自立していくのも感じています。
お互いにがんばりましょうね。



by yokosize | 2015-11-17 11:59 | Comments(2)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。