自分を信頼する

他人の行動や言葉に振り回されたり、他人の評価を気にして、いちいち腹を立てたり、気に病んだりするのは、自分よりも他人を信頼しているようなものだと思います。

他人の自分を見る目を基準にして、一喜一憂して、自分はすごいとかダメだとか自分を決めつけるのはもうやめたいと思います。

他人の目を通して自分を見るのではなくて、自分の目で自分を見ていきたいです。

語りかけや白黒ワークなどのワーク(*)をやっているときって、まっすぐ自分に向き合う時間です。他人はいっさい介在しません。

そうしていると、少しづつ自分を信頼する気持ちが育ってくるのを感じます。

そうやって、自分を信頼するのは、自分に責任を持つことにもつながるのではないかと思います。



    - - お読みいただきありがとうございました。 - -  

私たち一人一人の中には、自分を理解し、許し、愛するためのたくさんの資質があります。
そういうもともとある力を使って、本来の自分(「私」)を育てるカウンセリングを行っています。
自分を育てるカウンセリング  http://sodatu556.exblog.jp/i2/ (*)


   

[PR]
# by yokosize | 2017-11-18 14:38 | Comments(0)

責任を持つ

先日、名古屋の友人が仕事で東京に来るというので、5年ぶりに会いました。ここのところその友人とは5年に一回のペースで会っています。

谷中を歩きながら、会わない間のことや、同い年なので体の変化のことや、今やっていることなどをお互いに話しました。楽しい時間も、彼女の話を聞いて自分のパターンに気づいた時間もありました。そして、夕焼けだんだんの所で、夕焼け空がきれいだったのでしばらく一緒に見てから、東京駅で別れました。

知り合ってから37年の間に、彼女にはいろいろなことがあったと聞いています。その間、大変なことがあっても、相手の悪口は言ってもカラッとしていたし、相手のせいにするような言い方は聞いたことがありませんでした。自分のこととして自分で責任を持つというかんじでした。

また、何年後かに会った時に、そんな私の印象を話してみようと思いました。



[PR]
# by yokosize | 2017-11-17 00:00 | Comments(0)

次郎柿

柿農家の方に2種類の次郎柿をいただきました。ひとつは農協基準内の化学肥料と農薬を使ったものです。もうひとつは化学肥料は使わず農薬もほとんど使わないものです。

化学肥料を使った柿を食べて、美味しいと思いました。

使わない柿はちょっと小さくて傷もあって見た眼は少し落ちますが、味がいいんです。ほっとするような甘さで、縁側で日向ぼっこしているような感じなんです。なつかしい素朴な味でした。自然に近いものは体もわかるのかもしれないと思いました。

化学肥料を使うと柿の実はどんどん膨らんでいくそうで、ほとんど手がかからないそうです。使わない柿の方は毎日手をかけないとならないから大変だそうです。

これが本当の味だと思って食べたり、美味しいと感じていた食べ物のことで、知らないことはけっこうありそうです。

今、私は野菜や果物を買うのにほとんどこだわりませんが、もっと味わってみようと思いました。



[PR]
# by yokosize | 2017-11-15 23:19 | Comments(0)

会話

自分の中へ意識を向けられるような会話が増えるといいなと思います。

たとえば、友達のAさんに、Aさんが知り合いのBさんから言われたこと、されたことで傷ついたという話を聞いたとします。

そんな時、聞いた人のほとんどは、目の前で話しているAさんではなくて、Aさんを傷つけたというBさんへ意識を向けています。そして、Aさんと一緒になって、そこにはいないBさんに目を向け、Aさんに同調して「えー、Bさんてそんなこと言うの?」とか「そんなことをするなんて意地悪な人だね」などと言ったりします。

同調してもらったAさんは、自分の気持ちをわかってもらえてホッとしたり、やっぱり自分が正しいと安心するかもしれません。でも、それはAさんのパターンへの同調なので、Aさんは今回と似たようなことで傷つくことを繰り返し体験すると思います。

Aさんは、自分の中へ意識を向けていくことで、自分の力でそのパターンを超えることができます。そういう力をお互いに活かせるような会話をする人が増えるといいと思います。

[PR]
# by yokosize | 2017-11-14 23:38 | Comments(0)

自分の心持ちで

私は今「できない自分をさらすのが怖い」というパターンをケアしています。このパターンは働きすぎて大きくなってしまったので、まだ語りかけ中心でやっています。

できないことを気にするというのは、自分と人を比べて人にどう思われているかを気にするというように、他人中心の生き方です。人に笑われないか、人にバカにされないか、下に見られたくない、負けたくない、能力のないダメな人と思われないだろうか、そんなことになったら誰も相手にしてくれず、無視されたら生きていけない、という恐怖が渦巻いているのを感じます。

ただ、今の自分のその状態があるだけなのに、パターンは恐怖に満ちた意味づけをしようとします。そして、本当は怖いのに、強がろう(自分をよく見せよう)ともします。

もう他人中心からは卒業しようとワークを続けています。できるできないに関係なく、他人に関係なく、知りたいから、学びたいから、やりたいからやる、という自分の心持ちで生きられるようになりたいと思います。





[PR]
# by yokosize | 2017-11-13 22:08 | Comments(0)

自分に向き合い育てながら毎日を大切に過ごしたいと思っています。